電磁気学: SI UNITS

Front Cover
裳華房, 2001 - 270 pages
本書では初学者が違和感なく電磁気学の概念を形成できるよう構成を配慮。まず重要な実験的発見を基礎にすえ、それをいかに理解していくかをできるだけ論理的に展開する。そして、電荷保存則を冒頭にすえ電流密度を用いて場の扱いの導入とし、エルステッドの発見とアンペールの法則をもっとも素直に表現するように磁場Hを導入し、ファラデーの電磁誘導現象の発見をもっとも素直に表現する場として磁束密度Bを導入した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information